テレビ、デジタル放送になって、不用品処分されるものが多くなったと言います。あなたはどうですか。~とは言っても、いずれは不用品処分されてしまうことでしょう。テレビは、ブラウン管が劣化してしまいます。ですから、当然、寿命がきますよね。(汗)それから次に、テレビはリサイクル法の施工に伴い、処分費用を消費者が負担しなければならなくなります。回収業者に出しても無料ではないと言うことです。不用品処分されたテレビは、どうなるのでしょう!?

実は外国に輸出されていると言いますよね。もちろん、全てがそうだと言う訳ではありませんよ。発展途上国では、私達の感覚ならぼろのテレビでも十分需要がありますよね。(笑顔)実際にそうなっているかもしれません。それは、良いことだと思います。そう考えると、なんだかうれしくなりませんか!?(笑顔)。ですから、不用品処分が当たり前となってしまっていると言えます。(汗)しかし、途上国などでは、物がない状態ですよね。そんなことが多いですよね。ですから、不用品となることはありません。

テレビなどの電気製品も意外と使えると言うことです。(笑顔)それを購入すると、不用品処分が待っています。(汗)。豊かになればなる程、ゴミの量は増えていきます。粗大ゴミとして捨てるのではダメです。そうすることでゴミではなくなります。その事をしっかり理解してくださいね。そして、不用品処分をしなければなりませんよ。

関連ページ