プロミスを申し込んだときの審査の流れはどうなっていますか?審査基準は厳しい?

簡単に借入ができるのがネット申し込みのメリットと言われているプロミスですがその審査能力は優れたものがあります。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者だってご存知でしたか?貸金業法改正により大口融資が不可となった消費者金融業者の大多数は銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合消費者金融のプロミスの審査の流れをみると方が各段に上手(うわて)です。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

人気が高い金融機関の評価ポイントは低金利、スピード審査、手数料が安いなどといったことが挙げられます。

ですが、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位を見る限りどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCM全体を通して伝わってくるイメージも大きく影響しています。

消費者金融は借りる時は簡単だけれど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

確かに以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのも事実ですが近年は法律が改善されたことにより、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンと比べると若干高いのは否めませんが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

そのため、借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行える上にATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンの審査の流れよりも便利だったりします。

また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性の利用者も増えています。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行を規制する銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には融資金額の制限がある総量規制があることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちはプロミスの審査の流れに申し込んでも仮審査の段階で落とされてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

ノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内でキャッシングサービスも行っています。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

銀行と消費者金融のプロミスの審査の流れをみると違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外にも保険など幅広く商品を展開しています。

昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によって年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

消費者金融のプロミスの審査の流れをみるとキャッシングと銀行カードローンの審査の流れは似て非なるものです。

両者それぞれ、ネット申し込みのメリットデネット申し込みのメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のプロミスの審査の流れをみるとメリットといえばやはり審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンの審査の流れと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデネット申し込みのメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。

通常、消費者金融のプロミスの審査の流れをみるとキャッシングの金利は銀行カードローンの審査の流れよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のプロミスの審査の流れをみるとキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンの審査の流れは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

参考:プロミス審査の流れは?WEB契約申し込み窓口【即日融資OK】

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンの審査の流れは一部の銀行を除いて800から1 200万円と限度額も高額です。

一方、銀行カードローンの審査の流れは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行カードローンの審査の流れの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融のプロミスの審査の流れをみると場合は預金機能はありませんので、取引銀行口座を自由に設定できるネット申し込みのメリットもあります。

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンと消費者金融が提供しているカードローンの2種類があります。

銀行カードローンのネット申し込みのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、消費者金融のプロミスの審査の流れをみるとキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、消費者金融のプロミスの審査の流れをみるとキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

また、審査結果もスピーディーで、即日融資も可能ですから急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。

数社の消費者金融から借入をしている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんな時、プロミスのカードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので手軽に借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、どんどん借りる人も多いようです。

そのような借り入れ方だと、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。

消費者金融のプロミスの審査の流れをみるとキャッシングのネット申し込みのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

ですが、カードローンは使い方によっては非常に有用なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなる可能性もあるのです。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますので借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、世間一般的に過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

銀行以外だと消費者金融やクレジットカード等があります。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが近年は銀行でもカードローンが取り扱われているので審査の流れも早いので短時間で借りられるようになりました。

金融機関は基本的にお金を貸して得られる利子で利益を上げています。

銀行と消費者金融のプロミスの審査の流れをみると金利を比較した場合、消費者金融のプロミスの審査の流れをみると金利の方が高いことが多いと思います。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンの審査の流れもありますのであながち消費者金融のほうが高金利であるとは言い切れません。

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

毎月決まった日時の借入残高に対して利息が計算されて返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

ですから、利息の計算日までになるべく元本を減らしておくことが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

ローンの返済には、約定返済以外にも繰り上げ返済という方法があり繰り上げ返済は多収入が多かった時にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。