フラット35の受付期間とは?

フラット35は、制度拡充を行っていて、平成28年1月29日までの受付期間でフラット35Sという金利優遇が受けられるプランがあります。
バリアフリー、耐震、耐久性、省エネといった観点の指定の条件をクリアした住宅について金利を5年、あるいは10年0.
6%引き下げられるというものです。
コレは、国庫からの予算による事業ですから、受付期間内でも、予算に到達したところで打ち切りになってしまいます。
金利引き下げ5年のプランをBプラン、10年引き下げのプランをAプラント読んでいます。
コレは、Aの方が審査条件が厳しくなっています。
その分費用もややかさむといえますが、優良住宅の審査基準をクリアしていて、省エネ効果も高い住宅だというメリットがあります。