レイクALSAは派遣社員が借りるのにピッタリな理由とは?カードローンの審査

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2種類があります。

レイクALSAのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですがその分審査も厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンといえます。

一方、レイクALSAのキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

そのため、消費者金融のキャッシングの方がレイクALSAよりもデメリットが多いように思えますが、レイクALSAと比べるとレイクALSAのキャッシングの方が比較的レイクALSAが派遣社員でも審査が通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

消費者金融のキャッシングは審査の結果も非常にスピーディーで、即日融資もあるので急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。

お金を出資してもらうことができる金融機関には銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのキャッシングがあります。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

金融機関はお金を融資し、その利子でもって売上を確保し、利益を上げています。

銀行の金利とレイクALSAの金利を比較した場合、あながち消費者金融のほうが高金利であるとは言い切れません。

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

簡単に借入ができるのがメリットと言われている消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

審査基準が高いというイメージが強いレイクALSAですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらいレイクALSAの方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業とするレイクALSAの方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ランキングサイトを見れば一目瞭然です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

消費者金融ごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますから比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

又、ランキングサイトには、派遣社員の審査に申し込む時の記入方法や派遣社員の審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借りたお金は当然利息をつけて返済しなければいけないのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

最近の消費者金融業界は法律改正効果やCM効果によって怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界の業務内容や労働条件を解説します。また派遣社員にとってもレイクALSAはお金を借りる場合の最初の候補になるはずです。

参考:レイクALSAは派遣社員でも借りれる?【派遣でも審査基準通る?】

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが責任者に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格を有していなければなりません。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようでノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

金融機関で高評価を得る要素は金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位を見てみるといずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

それよりも、手続きが分かりやすいということや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCM全体を通して伝わってくるイメージも大きく影響しています。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制があることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するもので総量規制によって、借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

決まった日時に借入残高の利息が計算されて毎月の返済日に引き落としをされる約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

ですから、利息の計算日までになるべく元本を減らしておくことが利息を安くする有効な方法となります。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

カードローンの申込方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入したら、返送し審査結果を待つだけです。

見事、派遣社員の審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからのネット経由の申し込みではサイトに設置されている申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。

レイクALSAのキャッシングの利点はやはり簡単に借り入れることができ好きなタイミングでATMから返済できるので気軽に利用することができます。

カードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンなどといった融資額が大きいローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは数十年に渡って数千万円を返済していくローンなので借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査すら通らない確率が大きいのです。

返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

普通、レイクALSAのキャッシングの金利というとレイクALSAよりも高い場合が多いです。

レイクALSAのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですがレイクALSAは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので、レイクALSAのキャッシングと比較すると明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額はレイクALSAの場合、500から800万円が一般的ですがレイクALSAは一部の銀行を除いて800から1 200万円と限度額も高額です。

ちなみに、レイクALSAは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、レイクALSAの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクに分類されます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などがあります。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

これに対して消費者金融というのは貸金業専門となりますので利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

消費者金融というのは簡単に貸してくれるけど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

数十年前は、法律を無視した怖いお兄さんによる強引な取り立てが多かったのですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。

金利は銀行のカードローンと比べると高めですが提携ATMの数は銀行よりもレイクALSAのほうが多いです。

借入や返済もコンビニなどで手軽に行えますしATM手数料がタダという消費者金融も多いので、レイクALSAよりも利便性が高いと言えますね。

また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性でも安心して相談や申し込みをすることができます。