AGA遺伝子検査キットの書類と内容はどうなっている?

薄毛・抜け毛にお悩みの方は、まずAGA治療は病院で診察してもらい効果が認められている治療薬を処方してもらいましょう。

保険の適用外なので実費となりますが市販薬よりはるかに効き目があるのでおすすめです。

効果が高いといっても、副作用が怖いという人にはミノキシジルという薬がオススメです。

ミノキシジルもAGA診療ガイドラインで認められていますので医学的根拠に基づいた信頼できる薬品です。

ミノキシジルには頭皮に塗布する外用と服用する内服薬がありますが、日本国内でAGAの治療に認められているのは外用薬だけとなっています。

インターネットでAGAについて検索してみると画像付きの経過報告を公開しているサイトが出てきます。

ほとんどの場合、治療開始から3ヶ月程度で効果が表れてくるみたいで定期的に写真を上げてくれているため成果がよくわかります。

中にはヤラセや都市伝説みたいなサイトもありますが経過とともに、かかった費用や使っている薬を紹介してくれるサイトもあるのでためになります。

AGA治療で、初期脱毛が起こることもあるので実際の体験談が記載されていると心強いですね。

AGA治療に関するサイトは、特にアクセス数が多いようでそれだけ薄毛に困っている男性が多いということですね。

AGA治療を始めたいのだけれど何科を受診すれば良いの?と思っている人もいるかと思います。

AGA治療は基本は投薬治療ですからプロペシアを処方してもらうのなら内科か皮膚科になります。

しかし、プロペシアの処方を行っていないクリニックもありますので受診の前に電話やホームページなどで確認したほうが良いと思います。

又、一般の病院にいる内科医や皮膚科医はAGAを専門に診ているわけではないのでAGA専門のクリニックを受診した方が間違いはありません。

中には、効果が高まるよう独自調合しているクリニックやメソセラピー治療も受けられたりもするので、専門クリニックの受診がお勧めです。

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンの影響で髪の毛の成長期が短縮されることにより発症します。

AGAを発症すると髪の毛が十分に発達する前に脱毛が始まってしまうので髪質が細くなり短い髪の毛ばかりが残ってしまうことで薄毛が目立つというわけです。

AGA治療はプロペシアと呼ばれる内服薬を使いDHTの生成を抑止することで薄毛を治療していきます。

その他にはミノキシジルを含んだ外用薬を用いて頭皮の血行を促す治療法もあります。

治療を併用することも可能ですが健康保険適用外なので治療費が結構がかかってしまうのが難点です。

AGA治療に有効な薬には内服薬のプロペシアやミノキシジルを含んだ塗り薬が使われます。

プロペシアは医薬品なので病院で指示書や処方箋をもらわないと買う事ができません。

ミノキシジルは市販の育毛剤にも配合されている成分なので病院へ行かなくても買う事ができます。

ミノキシジルには飲むタイプもありますが日本でAGA治療薬として認められているのは塗り薬だけです。

ミノキシジルの飲み薬はインターネット個人輸入が可能ですが偽物を掴ませられる可能性がありますのでお勧めできません。

AGA治療は保険適用がない自由診療なので全額、自腹で受診することになります。

医薬品のプロペシアは医師の処方箋が必要なので1回あたり約3000円の診察料がかかります。

更に万有製薬の公表価格ではプロペシアが1錠250円ですから1か月(30錠)で7 500円かかるため合計で1か月1万円以上かかる計算になります。

ミノキシジルは育毛剤にも使われる医薬部外品なので医師の診断を受けなくても買う事ができます。

市販の育毛剤にはミノキシジルを配送している製品もありますがプロペシアと同額の7 000円以上の費用がかかります。

AGA治療は保険適用外になりますので費用は100%自己負担になります。

日本でAGA治療が開始された当初、治療薬は万有製薬のプロペシアしかなく1ヶ月で1万円近くの費用が掛かってしまうのが普通でした。

保険適用外の医薬品はドラッグストアで売っている市販薬と同じ扱いなので価格は販売店の裁量で好きに設定することができます。

そのため、処方箋薬局で購入する薬品ではありますが価格差が生じ販売するお店によって、数千円の価格差があったのです。

また、処方箋をもらうためには診察を受ける必要がありますので薬代以外にも、再診料や診察料もかかります。

AGAとは何かご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に現れる髪の毛が薄くなってしまう症状のことを指します。

薄毛や脱毛は昔から男性のテーマだったようで巷には数多くの育毛剤が氾濫しています。

近年、ようやく医療機関で治療を受けられることが知られるようになりましたが保険が使えない自己負担診療になります。

されど、医師が診察してAGA専用の治療薬を処方してくれることで市販薬よりも症状が改善する確率はグンと高くなりました。

しかし、AGA治療とは対処療法にすぎませんので、薬の使用を止めると元の薄毛状態に戻ってしまうのです。

AGAは成人した男性に現れる脱毛症で女性で発症することはありません。

脱毛の原因は男性ホルモンにあると言われていますので治療方法は男性ホルモンを抑制する薬品を使うことになります。

AGA治療薬にはプロペシアという薬が用いられますが、この薬品はDHTの生成を抑制することで効果を発揮します。

引用:【AGA遺伝子検査キット】同封書類の確認と内容の解説

AGAの脱毛部分にはDHTが高濃度に存在しておりこの成分がヘアサイクルの成長期を妨げている原因だと考えられます。

成長期が短くなると頭髪が十分に成長する前に抜けてしまうので細く短い頭髪が増えてしまうことで薄毛が目立つようになってしまうのです。

AGAを治療をする場合市販の育毛剤を使うよりもまずは皮膚科医に診察してもらうことをおすすめします。

病院で処方される薬というのは医薬品なのでドラッグストアで販売されている医薬部外品よりも効き目があります。

処方される薬というのは保険が適用されないため市販薬より高価ですが効果の薄い育毛剤を使っているよりは結果が期待できますし、長い目で見れば安上がりになるかもしれません。

又、薬だけに頼らずに日常生活でも頭皮ケアをするとさらに効果が上がるのでおすすめです。

睡眠をしっかりとったりストレスを溜めないことや食生活では脂っこいものや刺激物を控えるのが良いでしょう。

AGAの治療に効果があるとされる薬にはプロペシアやミノキシジルと呼ばれる薬があります。

プロペシアは男性ホルモンの生成を抑制する働きがありヘアサイクルの乱れを改善する効果が期待できます。

一方、ミノキシジルには血行を促進する作用があり毛乳頭や毛母細胞を活性化させるので発毛を促進する効果があります。

しかし、いずれの薬品も発毛剤として開発された薬ではなくもともとプロペシアは前立腺がんの治療薬として、ミノキシジルは高血圧の治療薬として現在も使われています。

プロペシアにもミノキシジルにも薄毛改善効果や発毛促進効果があることが認められたため現在ではAGA治療薬としても処方されるようになりました。

AGA治療に励んでいる皆さんは日々の生活習慣にも気を付けなければいけません。

ファストフードやコンビニ弁当ばかりでは栄養が偏ってしまったり、塩分量が多く血行不良の原因にもなります。

日常から髪の毛の素となるタンパク質やビタミンを多く摂りことを意識し亜鉛も摂取し抜け毛や白髪を予防しましょう。

タンパク質はタマゴや乳製品などに亜鉛はレバーや牛肉などに多く含まれています。

また、緑茶には血圧の上昇を抑えてくれるばかりでなくリラックス効果もあるのでストレスの軽減にも有効です。

AGA治療のガイドラインで認められているプロペシアにはAGA治療に効果があるとされる数少ない薬です。

ですが、薬と言う物には副作用があるので服用前にどんな副作用があるのかを知っておきたいところです。

プロペシアの副作用で深刻度が高いものといえば肝機能障害ですが肝機能障害の有無は血液検査をすることで調べることができますから使用前後の変化を確認することが大切です。

又、プロペシアというのは元来前立腺がんの治療薬として使われているものですので前立腺がんの検査数値に誤差が生じることもあります。

この他にも長期間のプロペシアを服用することで男性でも乳癌を発症したりアレルギーやうつの発症なども危惧されています。

AGAというものは男性ホルモンにより発症しますが生活習慣や食生活にも大きく影響されます。

人間の身体というものは血液の循環によって酸素や栄養が運ばれるので健康な体を保つためには血流を良くすることが大切なのです。

髪の毛に欠かせない栄養素も血流によって運ばれますからAGA治療をしている人は血流を改善させることを心がける必要があります。

ストレスや運動不足などは血管を収縮させるので薄毛治療には大敵となるほか喫煙も血管を収縮させる大きな要因です。

頭皮が固くなってしまっている人は血流を改善するために頭皮マッサージ等を行うのがおすすめです。

AGA治療のCMに起用された最初の芸能人は芸人さんの爆笑問題でした。

爆笑問題の二人がコマーシャル中に歌っていた「お医者さんに相談だ~」という歌はAGAの暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このコマーシャルのおかげでAGA治療も一般的になりAGA治療をしていると公言している芸能人の方も多くいらっしゃいます。

俳優さんやロックシンガーの方が育毛剤などのCMに起用されることも増え、AGA治療に踏み出すハードルはかなり下がったと思います。

最近ではフサフサな人がCMに起用されているので育毛の必要性のなさに違和感が拭えませんが薄毛の人が起用されると、返ってリアルで悲壮感が漂うのかもしれませんね。