楽天銀行はおまとめローンで審査甘いって本当?

多重債務を1本化できるおまとめローンはバラバラな返済日を一括管理することができます。

良いことばかりのようなイメージのおまとめローンですがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

おまとめローンにも契約前にカードローン審査がありますが希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

月々の返済総額を下げたいという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

毎月の返済額が下がると借金が減ったと勘違いする人もいるようで完済した業者から融資の勧誘電話がかかってくると、再び借り入れる誘惑に負けてしまうリスクもあります。

プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のローンがあります。

通常のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であるということや新規の借入れができない返済専用のカードローンであることです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが最短即日融資、無担保ローンという消費者金融のメリットは健在です。

楽天銀行のおまとめローンよりも限度額が低めに設定されていますがパ―トやアルバイトでも20歳から65歳以下の人で安定した収入があれば申し込むことができます。

借入金は既存の借入先へ代行して返済してくれるだけでなく代行手数料や振込手数料、更には繰り上げ返済手数料も無料になるメリットがあります。

おまとめローンの審査に落ちたという人はその原因が明らかにならない限り、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性は否めません。

おまとめローンは年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額などが審査されこれらの条件が問題が無ければ審査をクリアすることができます。

年収は多い方がもちろん有利となりますが、肝心なことは借入総額とのバランスで常識的な範囲に収まっていれば返済可能と判断されるようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなりフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目で過去に自己破産や返済の遅延、滞納があった人、5社以上から借り入れがある人は、厳しく審査されることになります。

おまとめローンは多重債務者が借入先を整理するために新規に融資をしてくれる所を見つけてこれまでの借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンはこれまでに借り入れていた金融機関の金利よりも低い金利のローンから借り入れて今までのローンを一括返済し新規ローンを返済していく、いわゆるローンの乗り換えを意味します。

これらは金融上の定義づけはとしては異なるのですが、厳密に区別されることはなくおまとめローンという商品名で提供していても、実態は借り換えローンという金融機関も多いです。

消費者金融は高金利で、楽天銀行は審査が厳しいのが一般的ですがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かは目的によって変わるでしょう。

両者の決定的な違いを挙げると消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資はできないのですが楽天銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同様に限度枠内なら何度でも借入や返済が可能なのです。

楽天銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。

楽天銀行は総量規制という上限がないので楽天銀行の与信枠内なら追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

又、楽天銀行のフリーローンなら、事業用資金以外であれば使い途は自由なのですが消費者金融のおまとめローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。

楽天銀行のおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、楽天銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

しかし、消費者金融のおまとめローンは楽天銀行と比較して審査に通りやすかったり、審査結果や融資までの時間が楽天銀行よりも早いというメリットもあります。

おまとめローンというものは頻繁に利用するローンというわけではありませんから利用を考えている大半の人が、知らないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類を知りたい場合は、金融機関のHP上にある「よくある質問コーナー」に回答があります。

おまとめローンを検討するべきか否かなどといった一般的な質問についてはネットで「おまとめローン よくある質問」と検索してみると良いでしょう。

情報サイトには消費者金融と楽天銀行のメリット・デメリットも紹介されていますし金利やサービスの比較もされているので、手間を省くことができます。

審査に通るコツや、落ちてしまう人の傾向など有益な情報も多いのでおまとめローンの利用を検討している人は、是非検索してみてください。

住宅ローンを組む際にカードローンを利用していると不利になるという話がありますが返済負担率さえ問題が無ければ、カードローンを利用していても不利になるとは限らないという意見もあります。

ただ、お金に困っているからカードローンを利用しているということには変わりありませんのでなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合はおまとめローンで借入先を1つにまとめることが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で、追加で住宅ローンの融資を受けるのは審査が通らないだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納することなくきちんと返済していればそれはプラス評価になります。

しかも、住宅ローン利用者には優遇金利が適用されたりもしますので優良顧客という自信がある人は同じ金融機関で住宅ローン審査を受けることをおすすめします。

複数の金融業者から借り入れがあると借入残高がマチマチなので管理しにくいですね。

多重債務している人は与信限度額が低いために借入れ件数が増えたのでしょう。

カードローンでは与信限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが有利になります。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので全ての借入れを返済できる金額を融資してもらうにはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンなら多重債務者が有利になるための借り換え商品なのでまず、審査を受けることをおすすめします。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムにはおまとめローンとして使える借換え専用ローンと言う、ややこしい名前のローンがあります。

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますが利用者のメリットとなるおまとめや借り換えには例外貸付が適用されます。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、貸金業からの返済にだけ利用することができます。

楽天銀行の借換え専用ローンは融資上限が300万円ですが、一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

引用:楽天銀行のおまとめローン審査の口コミは信じられるの?

借換え専用ローンで得た融資金は貸金業者への返済に限られており楽天銀行カードローンに使う事はできません。

埼玉りそな楽天銀行にはおまとめローン専用のサービスはありませんがおまとめや借り換えにも使えるフリーローンがあります。

最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており来店不要で契約できるのもおすすめポイントです。

楽天銀行カードローンなので総量規制の適用外ですから安心ですし昨年の年収がいくらという条件もありませんから、アルバイトでも申し込むことができます。

日本在住で満20歳以上完済時年齢満71歳未満、継続した安定収入があれば申し込みができますが過去の返済状況によっては落とされる可能性があります。

「りそなプレミアムフリーローン」は「プライベートローンJ」の上位商品ですが昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

おまとめローンは複数の借入れを1本化することによって月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても間違った返済方法を選択してしまうと、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んでも元本は減らないので月々の返済額を今より低くすると返済期間は長くなってしまいます。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済する総額は、おまとめローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが楽天銀行のおまとめローンというのはフリーローンとなっていることが多いので追加融資が可能というメリットがある傍ら、借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンを利用することで毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

おまとめローンも一般のカードローンと同様に与信審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

楽天銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると楽天銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん楽天銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンの融資を受けるにしても月々の返済額を抑えるということは返済期間が長くなるという事です。

返済期間の長期化は発生する利息を増加させますのでおまとめローンを利用する前よりも返済する金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンを利用すれば利子を減らせるのがメリットの1つと言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしていることが原因です。

おまとめローンを利用することで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。

おまとめローンのサービスを提供している金融機関では自社のホームページで返済シミュレーションを行えるコーナーを設置しています。

金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

消費者金融のおまとめローンよりも楽天銀行の方が金利差が大きいのでおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションでしっかりと金利計算をすることが借金完済への一歩です。

おまとめローンは多重債務者の負担を軽減する商品ですが借入件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますが絶望的な人でも審査に通る方法がないかを考えてみましょう。

まず、行うべきことは今までの返済状況の確認と金融業者と借入残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから利用限度枠を上手く使って完済できるローンを返済してしまいましょう。

審査では借入件数よりも過去の返済状況ですから事故さえなければ返済能力があると判断されて審査を通過するケースも多いです。

マイカーローンというのは5年から7年にわたる返済期間になりますので、ショッピングローンとしては長い方ですがそもそも自動車自体が高額商品のため、毎月の返済額が高くなってしまうのは避けられません。

マイカーローンの返済中に給与が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むことも視野に入れることになるかもしれません。

楽天銀行が提供しているおまとめローンならその方向性でも問題ないと思うのですが消費者金融のおまとめローンは、マイカーローンの返済に使えない可能性があります。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借入れを1本化するためのものなので楽天銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外なのです。

信販会社を利用して組んだマイカーローンのキャッシング枠だったら対象ですがショッピング枠でマイカーローンを組んだ場合は利用することはできません。